mi piace

スマホ撮りで楽しむサンシャイン水族館!

最近はスマホのカメラの画質が良くなったり、機能的なアプリがあるおかげでスマホでもデジタルカメラのような素敵な写真を撮ることが出来るようになりました。

インスタ映えする素敵な写真を撮りたい皆さんにおすすめのスポットがあります!
それは池袋のサンシャインシティにある「サンシャイン水族館」です。

現在は新型コロナウイルスの影響でステージパフォーマンスなどは休止しておりますが、サンシャイン水族館は館内の水槽がとにかくすごい!また魚以外にカエルやイグアナの展示もあります。

今回はサンシャイン水族館の魚たちの飼育を担当する「魚類担当チーム」の飼育スタッフさんたちにご協力いただき、飼育スタッフさんのイチオシの水槽と、そこで暮らす魚たちからおすすめの子を聞いてきました!

東日本で見られるのはここだけ!レアなあの魚が暮らす「冷たい海」水槽


ここは館内1階にある深海の生き物たちが暮らす「冷たい海」水槽です。
サギフエやキンメダイたちが暮らしています。

ここで暮らしている中にとっても珍しい魚がいます。ゾウギンザメです!

ゾウギンザメを長期展示したのはサンシャイン水族館が日本国内で初めて!現在でも東日本でゾウギンザメが見れる水族館はここだけです。
また2020年1月には国内初のゾウギンザメの赤ちゃんも誕生しました!

Q.この水槽で注目の魚を教えてください!

飼育スタッフさんゾウギンザメとエビスダイです。ゾウギンザメは特徴的な吻先と大きな胸鰭をパタパタ動かす様子や、吻先を地面につけて索餌する動きを特に見ていただきたいです。
全国でも東日本で見られるのは当館のみ。
 
エビスダイは体色が鮮やかな赤色、大きな鱗が特徴で、クリンとした大きな目がとても可愛らしく、目が合うような感覚が味わえます。

飼育スタッフさんイチオシの魚はゾウギンザメとエビスダイです!

早速そんな2匹をメインにスマホで撮影を開始!

ゾウギンザメはとても特徴的ではありますが、やはり少し暗いので最初は撮るのが難しいです。
思い切って光度いっぱいにしてみたり、いろいろ挑戦してみるといいかもしれませんね!
エビスダイは結構水槽の下にいる事が多いようです。水槽の端っこで待ち構えてみると上記のような写真が撮れますよ!

※深海魚はフラッシュの光が苦手です。絶対にフラッシュはoffにして撮影してください。


名前が長い!体も長い!そんな魚が暮らす「生き物たちの不思議」水槽


こちらは館内1階にある「生き物たちの不思議」水槽です。
小さい水槽がいくつかあり、中では個性豊かな魚たちが暮らしています。

Q.この水槽で注目の魚を教えてください!

飼育スタッフさんウケグチノホソミオナガノオキナハギとウィーディーシードラゴンです。
ウケグチノホソミオナガノオキナハギの名前の由来は魚の見た目から、受け口で細長い体をしている、尾の長い翁のようなヒゲのあるハギでなかなか水族館で見ることができない珍しい魚です!
 
ウィーディーシードラゴンの一番の特徴は長ーい吻(口の部分)!
オーストラリアなどに分布しているタツノオトシゴに近い仲間で、本人たちは海藻に擬態しているつもりです。
口の先は、よく見ると開閉していて大好物の小さなエビなどを吸い込んで食べるんです!
海藻に似せた体の美しさと、餌を吸い込んで食べていく姿は必見です。

ウケグチノホソミオナガノオキナハギはサンシャイン水族館のオフィシャルガイドブックにも載っていない、「サンシャイン水族館のレアキャラ」です。
そんなウケグチノホソミオナガノオキナハギと自分を海藻だと信じているウィーディーシードラゴンの撮影を開始!

受け口、の名前の通りウケグチノホソミオナガノオキナハギはちょっとしゃくれているような口が面白い魚です。
今回は紹介なので撮ってはいませんが、カメラの向きを斜めにしてその長さを際立たせてみるのも面白いかも?
ウィーディーシードラゴンは色味こそ地味かもしれませんが、その姿は実際に見ると派手です。
しかし水槽の端っこなどでじっとしている事もあるので、アップで撮ってみたりすると良さが際立つような気がします。

狙った獲物は逃がさない、サンシャイン水族館の忍者が暮らす「海の忍者」水槽


ここはイカが暮らす「海の忍者」水槽です。
イカは獲物を捕らえるためにジェット噴射で素早く追いかけたり、体の色を変化させることも出来て、その姿はまるで忍者のようです。

Q.この水槽で注目の魚を教えてください!

飼育スタッフさんアオリイカです!
当館ではアオリイカの中でもシロイカ型、アカイカ型の2種類を展示しており、シロイカ型に関しては当館で繁殖した個体を展示しています。
アカイカ型に関してはシロイカ型と比べ大型化する傾向にあり、生息域も南方寄りになります。
卵から孵化させ展示した園館は当館が初めてだと思います。
かなり獰猛なハンターで自身よりかなり大きな餌を触腕で捕らえ食べるのが特徴です。

なんとアオリイカといっても2種類の展示が!?
サンシャイン水族館生まれな海の忍者達にこれからも注目です!
そんなアオリイカをスマホで撮影!

意外とイカ達は「水槽内のもの」に近い色をしています。そのため白い子だけをフィーチャーしてみたり茶色い子が集まっているのを撮ってみたり、撮り方も様々かと思います!
ぜひ自分だけの撮り方を編み出してみてください!

映えスポットから○○を探せ!「洞窟に咲く花」水槽


こちらは館内1階にある「洞窟に咲く花」水槽です。
色鮮やかな水槽で、奥の部分がハート型にも見えるので写真映えが抜群!

Q.この水槽で注目の魚を教えてください!

飼育スタッフさんミカドチョウチョウウオです。
洞窟水槽の中に1尾のみ入っている、チョウチョウウオの仲間です。赤褐色の口が特徴的で、とても優雅な泳ぎ方をします。
たくさんのヤギ(サンゴの仲間)が美しい洞窟水槽でゆったりと泳ぐ姿は、いつまでも見ていることができます。

「ミカドチョウチョウウオを探せ!」と思わずタイトルを付けたくなるくらいのレアな魚です。
残念ながら2人で撮影に訪れた際には姿を見つけることが出来ませんでしたが、その後何度か通ううちにあざらしが姿を撮影出来ました!

そんな「洞窟に咲く花」水槽も色鮮やかなことが伝わるようにスマホで撮影。

実は撮影者がサンシャイン水族館で一番好きな水槽だったりします。カラフルですが奥と手前で明るさが違うのでいろんな表情を見せてくれます!
また、後ろの洞窟の形をよく見ると…なんとハートの形をしているように見えちゃうんです!ぜひインスタ映えな1枚を狙ってみてください!

色鮮やかな水槽が目を引く「沖縄の海~白保~」水槽


こちらは館内2階のバイカルアザラシの「湖にすむアザラシ」水槽の隣にある「沖縄の海~白保~」水槽です!
この水槽では大きなサンゴの隙間に入れるくらいの小さな魚がたくさん暮らしております。

Q.この水槽で注目の魚を教えてください!

飼育スタッフさんデバスズメダイとネッタイスズメダイです。
どちらも淡い体色で群れています。
白保のアオサンゴをすみかにしているので、夜はサンゴの間に入ってしまいます。
サンゴの間で卵を守っている時もあります。

デバスズメダイとネッタイスズメダイは群れになっているので、群れでも1匹だけでも撮影はok!いいなと思ったら両方撮影してもいいですね!
こちらもスマホで撮影します。

ブルーが美しい水槽を泳ぐ色とりどりの魚の中でも、この2種は半円形のサンゴから出たり入ったりする姿が可愛らしい魚です。
動きも早いのでぶれたりしやすいので、カメラを構えてそこに入ってきたところを撮ってみたり…試行錯誤で撮ってみましょう!

サンシャイン水族館で1番大きな水槽「サンシャインラグーン」水槽


最後はサンシャイン水族館で1番大きな水槽「サンシャインラグーン」水槽です。
この水槽では水中パフォーマンスも行われます。(※現在パフォーマンスは休止中です)
広い水槽なので多くの魚が暮らしており、大きなエイやトラフザメにも会うことが出来ます!

Q.この水槽で注目の魚を教えてください!

飼育スタッフさんツバクロエイです。
砂に潜っている大型のエイで餌を食べる時は素早い動きで砂から出てきて、食べ終わると素早く潜ってしまいます。

ツバクロエイはかくれんぼの達人、どこに潜っているのかは砂を見ると分かる事がありますがなかなか出て来てくれません。
ツバクロエイの姿を見れたらとってもラッキー!シャッターチャンスは逃さないでください。

「サンシャインラグーン」水槽にはツバクロエイ、ナルトビエイ、トビエイ、ヒョウモンオトメエイ、リーフスティングレイの5種類のエイが暮らしています。
そんな個性豊かなエイたちをスマホで撮影しました!

撮影当時はこんなに大きなヒョウモンオトメエイが泳いでいたのですが、現在はお隣の大きな円柱型の水槽でじっくり撮ることができます。なお現在みられる小さなヒョウモンオトメエイはこの子の子供です!
ツバクロエイ以外は人懐っこいのか、水槽の手前まで遊びに来てくれますので、周りに注意しながら撮ってみてくださいね!

サンシャイン水族館の館内の水槽の魚たちについて紹介した記事はどうでしたか?
皆さんもぜひサンシャイン水族館に行って、素敵な思い出を作って下さい(*’ω’*)

サンシャイン水族館 概要

水族館名:サンシャイン水族館
場所:東京都豊島区東池袋3-1
サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:10:00~18:00(9月11日~2021年3月19日まで)※最終入場は終了1時間前
※時期によって異なります。詳細はHPをご確認ください。
URL:sunshinecity.jp/aquarium/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com