mi piace

サンシャイン60展望台 天体観賞会2020 第三弾 惑星観賞会

木星と土星が接近!!月と一緒に同時観賞が可能!
低空で広がる天体ショーを海抜251mのサンシャイン60展望台で!!
※本リリースPDFはこちらよりダウンロードいただけます→prtimes.jp/a/?f=d20364-20201116-6793.pdf

月と金星が接近した様子。当日は月と土星と木星が並びます。

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台(東京・池袋)では2020年度、天体観賞会を5回実施予定です(下部参照)。

第三弾となる今回は、12月の中でも、接近する木星と土星の近くに細い月が見えると推測される12月17日(木)に、木星・土星・月を同時に観賞できる「惑星観賞会」を開催します。

近づいていく木星と土星の様子は低空で見られるため、海抜251mの高さにある見晴らしの良いサンシャイン60展望台での観賞が最適です。
また2つの惑星は日を追うごとに沈む時刻が早まり、観賞のチャンスは、日の入り後で辺りが暗くなってからのわずかな時間に限られてしまう貴重な天体ショーです。
サンシャイン60展望台ではこの貴重な天体ショーを、星空写真家・成澤広幸氏の協力のもと、天体望遠鏡を使ってモニターへ映し出し、解説を行う観賞会を実施します。
この機会に是非、サンシャイン60展望台へお越しください!!

展望台からの夜景

惑星観賞会 概要
観賞可能時間:12月17日(木)16:00~18:00頃
       月が見え始める時刻:16:30頃
       木星・土星が見え始める時刻:17:00頃
※気象状況によりご覧いただけない場合や中止となる場合がございます。

場所:SKY CIRCUS サンシャイン60展望台

入場料金:展望台の入場料のみでご観賞いただけます。
     大人1,200円、学生(高校・大学・専門学校)900円、
     こども(小・中学生)600円、幼児(4才以上)300円、
     年間パスポート「SKYPASS」一律3,600円
     ※カード型年間パスポートは別途発行手数料200円が必要です。 ※VR料金は別途必要です。

イメージ(過去実施の観賞会の様子)

成澤広幸氏プロフィール
星空写真家・タイムラプスクリエイター。
公益社団法人日本写真家協会正会員。富士フイルムFPS会員・アカデミーX講師、
ニコンNPS会員。著書「成澤広幸の星空撮影塾」「成澤広幸の星空撮影地105選」。

【サンシャイン60展望台 天体観賞会2020 スケジュール】
・中秋の名月観賞会(10月1日開催終了)・ダイヤモンド富士(11月12日~18日)・惑星観賞会(12月17日)
・ダイヤモンド富士(2021年1月23日~29日)・満月と夜景撮影会(2021年2月27日)

————————————————————
■SKY CIRCUS サンシャイン60展望台 概要
所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ サンシャイン60ビル・60F
営業時間:10:00~22:00 ※最終入場は終了1時間前 ※変更になる場合がございます。
入場料:大人1,200円、学生(高校・大学・専門学校)900円、こども(小・中学生)600円、
幼児(4才以上)300円 ※VR料金別途
問合せ先:SKY CIRCUS サンシャイン60展望台 03-3989-3457 sunshinecity.jp

※施設名称表記上のお願い:見出しや本文などで施設名称が長すぎて入りきらない場合は、省略形「サンシャイン60展望台」をお使いください。なお、文章中に繰り返し出てくる場合は、2回目以降は「展望台」と記述していただいて構いません。
————————————————————
※状況により、内容・スケジュールが変更になる場合がございます。
※画像はイメージです。※金額はすべて税込です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com